(10,locus)

blog

2017.12.10

permanent

冬のボーナスが出て

このままクリスマスからお正月へと突っ走る

1年で楽しい季節がやってまいりました

 

私がボーナスを得ようとする場合

自分で自分にボーナスを出さなくてはならないので

やっぱり誰かから貰いたいよね、という複雑な気持ちです

 

さて

2017秋冬ものの入荷も全て終わり店内には秋冬ものが出揃っております

春夏の入荷までは少し時間があくこの時期に

ヴィンテージのお洋服を少しずつ店頭とオンラインへお披露目しています

 

前回のブログにて書いた1950年代のビーズ刺繍カーディガン

あっという間の早さで完売してしまいました

(K様、いつもありがとうございます!)

 

ヴィンテージは1点ものなのが魅力でもありますが

すぐになくなってしまう、という点は痛し痒しといったところでしょうか

私のお気に入りのヴィンテージショップはアメリカのお店で

いつもオンラインをチェックしておりますが

「新作入ってきたよ」

のメールが来てすぐさまサイトへ行くと

お目当てのものは売り切れということがよくあります

なのでお客様のお気持ちも本当に良く分かります…

 

50年代のビーズ刺繍カーディガン

同じデザインのものではありませんが

もう1点違う色、デザインのものがありますので

店頭出し、オンラインアップまでしばしお待ちくださいませ

欲しいの!という方は事前にご連絡いただければお取り置きもできますので

お電話、メールでのお問合せお待ちしております

このチェックのマキシワンピースは

MOSCHINO COUTUREのヴィンテージ

年代はおそらく90年代かと思われます(定かではありません)

ただのチェックワンピースと思うなかれ

素材はシルクのタフタです

ウェディングドレスなどにも使用される

フォーマルなドレス用の生地ともいえるシルクタフタ

ハリとシャリっとした感触が特徴的で

角度によって色が変化して見えるシャンブレー(玉虫効果)があります

それがチェックの柄なので

何とも言えない不思議な生地

それがふんだんに生地を使ってマキシのシャツワンピースに

 

ボタンはガラスのお花のビジューボタンです

 

チェックのマキシワンピースはありそうでないアイテム

何でかって私が毎シーズンのごとく探しているアイテムだからわかるのです

特技はネットの検索と言えるくらいグーグルを駆使して世界中のオンラインサイトから

欲しいアイテムを探しているのですが

チェックのマキシワンピースは、ない

あっても色目が薄かったり、ナチュラルすぎるふわっとしたものだったり

そういった点でもとてもレアなアイテムかと思われます

 

スカート丈がかなりの長さなので

(モデルの身長は167㎝にヒール4㎝を合わせています)

裾のお直しを当店で受け付けております

裾のお直しを考えている…という方はお気軽にお問合せくださいね

今のモードシーンの中で

一番ホットなブランド「BALENCIAGA」

80年代のスカーフが2枚ございます

ニットの首元へくるりと巻くだけでおしゃれ度が上がるアイテムです

そして

私が好きなアイテム

レースものです

こちらは70年代のブラウスで袖部分がレースのベルスリーブになっています

 

1枚だと透ける素材です

5月や9月頃はキャミソールをインナーに1枚で

デニムのオーバーオールのインナーにしても可愛い

今の時期ですと上にニットものを着て

裾のレースを出す着こなしがおすすめです

 

6月に店舗内すべてヴィンテージという

ヴィンテージイベントをやりました

その際に多くのお客様にお越しいただき大変感謝しております

改めて

ありがとうございました

 

秋冬はどうしよう

秋冬はどうするんだろう

と思っておられる方もいらっしゃるかと思います

 

6月のイベントのように

店内すべてヴィンテージという形態は

今年の秋冬は取りません

 

数点のアイテムを店頭に出しオンラインへアップしていく

今年の秋冬のヴィンテージの見せ方はこの方法になります

 

 

インスタとオンラインには掲載していても

店頭には出していない商品もございますので

あの商品見せて、とお気軽にお声がけくださいね

すぐにお持ちいたしますので!

 

ヴィンテージを扱う根底には

「洋服が好き」という気持ちがあります

それは新しい洋服を置くセレクトショップを始めたことと同じ気持ちです

 

かといって

専業のヴィンテージショップのバイヤーさんのように

ヴィンテージの知識がそんなにあるわけではないです

先ほども書いたお直しで契約させていただいている洋裁師さんに服を見せて

改めて気が付かされることがたくさん

 

この洋裁師さんはぱっと見ただけでどういう作りをしているかが分かる方なので

「この作り込みはすごい」

「このレースや刺繍は今ではできない」

と教えてくださるのですが

 

その方がヴィンテージやアンティークの洋服を見て

「鳥肌が立つ」と言います

 

洋服を一から作れる方だからこそ

その洋服1枚作るためにどれほどの時間と労力と

そして想いが込められているのか分かるからこそ

感動のあまり背筋がぞわっとなると言います

 

それを聞いた私も感動です

 

時代と国を超えて

自分が仕入れた服に一言では語れないドラマが詰まっている

素敵だと思います

だからこれからも可能な限りヴィンテージを提案していこうと思っています

 

あくまでもセレクトショップとして

技術と想いが込められた洋服を提案するお店として

 

専業ではない私がセレクトしたヴィンテージを購入してくださること

大変嬉しく思っております

(T様、いつも本当にありがとうございます!)

 

 

買い取ってもくれない着たら捨てるだけの洋服は寂しいです

悲しいです

流行が過ぎたら売る、というのは私もやっていることです

ただ買い取り不可能な洋服を

ワンシーズン着たらもうダメになる洋服が主流になっていくのは

とても悲しい

好みで飽きてしまっても

いつか誰かに巡って着てもらえる

大事にしてもらえるに値する洋服が良い

 

もっともっとその想いを体現できるように頑張ります

 

 

 

2017.12.07

vintage ⇔ mode

ここ最近の寒さは真冬

もう師走だし季節的にも冬なのは当然ですが

秋が過ぎ去るのが早くてあれ?あれ?となっています

 

さて久しぶりのブログ

私は2018年秋冬の展示会へ行っておりました

もう来年の秋冬!

ファッション業界は1年早く動くのは当たり前だけど

未来を予想できる千里眼の持ち主ではないので

来年のファッションの動向はひたすらパリコレ・ミラノコレをチェックして予習します

 

メゾンの発表するコレクションよりも

それを仕事で見に来る各国のおしゃれエディターの私服スナップに

流行の兆しを見出したりもします

 

2017awのPRADAがものすごーく可愛いニットのコレクションを発表したのを見て

「来るぞ」

と思ったビーズ刺繍のニットたち

 

懐かしい、と見て思いました

この刺繍ニットは1950年代から1960年代にかけて

主にイギリス統治下の香港で手刺繍で作られたニットにインスパイアされたもの

 

大学生の頃1950年代のヴィンテージが大好きだった私も

勿論当時所有しておりました

ヴィンテージショップによって

ビーズ刺繍のデザインや豪華さも様々

ウール100の割と普通の素材から

アンゴラ、カシミアの最高級の素材まで値段も様々です

 

ヴィンテージ好きな人は1枚は持っている

また持っていたという人は結構いるんじゃないでしょうか?

 

PRADAがこのニットを発表して

数年ぶりに着れるようになった、という方の写真もインスタでちらほら

 

こういうことがあるからお洋服って楽しい

 

vintageといえど

いえvintageという時代を経てもなお

洋服としての価値のあるデザインと質だからこそ

流行関係なくも着れちゃうし

流行ドンピシャが巡ってきてもまた着れちゃう

 

10locusはvintageメインの店ではありませんが

今お店に置いてあるお洋服がいつかvintageとして

後の時代まで価値があったらいいなと思っています

そして必ず価値あるお洋服になっているでしょう

それがお店の軸でもあるのです

 

おっと

また話が逸れました

 

とにかくビーズ刺繍のカーディガン

可愛いです

PRADAはカラフルな色のものを出していて

色合わせやニットの素材感、そして刺繍の細やかさなどは

vintageでは見つからないであろうクオリティ

さすがビッグメゾンだわ、と感嘆する出来栄えです

買えるのなら欲しい、と思っちゃいますね

 

インスタグラムで先に画像をお出ししましたが

このPRADAのコレクションソースになった

1950年代のビーズ刺繍のニットを近日中に店頭&オンラインで販売します

 

今のところ1枚のみ

 

黒×白のシックな色合わせは珍しいのではないでしょうか?

 

とってもおススメなので

お披露目までもうしばらくお待ちくださいね

 

着用画像も急いで撮影します

 

続報をお待ちください

ではまた!

2017.12.03

_Falling

ラジオや有線からラルクの「winter fall」が流れるのを聞くと

「ああ、冬だなぁ」としみじみ感じる季節となりました

 

CDを買いに走った中学生の頃を思い出す松本です

 

ここ2日ほど体調が不調で気分も塞ぎこんでいたのですが

昨日久々にyoutubeでももいろクローバーの高城れにちゃんの動画を見て

体の芯から癒され

こうしてブログを書いている今も

店のスピーカーから彼女の歌声を流したくてたまりません

また彼女に恋に落ちたようです

 

さて

アイドル好きなのを暴露したところで

今日は当店一押しのシューズのご紹介です

 

 

 

_Fot

heel mules

¥48,000+税

 

 

日本人による日本人のためのシューズブランド

 

とは言い切れません

 

_Fotはそのミニマムでありながらも温もりを感じさせ

日本の伝統的アートを彷彿とさせる静かな佇まいから

海外へと進出、注目を集めているブランドです

 

しかし

この履き心地は日本人の幅広甲高さんが探し求めていたもの

 

幅広甲高の私は

自他ともに認める靴好きですが

幅広甲高のためインポートのシューズに

足がなかなかマッチングしません

ぴったりと思っても時間が経つと甲が痛くなってきます

幅広のためサイズ選びにも苦労します

いつも必ずワンサイズかツーサイズアップ

ヒールはより幅広甲高を苦しめる要因でしかありません

 

ヒールのある靴を履きたいのに履けない

ヒールがあって上質なレザーの

スカートにもパンツにも合う靴が欲しい

と長年探しておりました

 

そして出会ったのが_Fotのheel mules

 

 

 

甲をすっぽり覆う柔らかなレザー

ここまでレザーに甲を優しく包み込まれたのは初めてです

なんという包容力と込み上げてくる安心感

レザーは柔らかですぐに馴染みます

内側のレザーも汗や皮脂がベタつくことはない通気性に優れたもの

春、夏、秋は素足でどうぞ履いてください

 

ヒールの高さは約4㎝

ぐらつくことはなくしっかりと支えてくれるヒールです

人間の足はぺたんこよりかは3㎝、4㎝ヒールの高さがあったほうが

足が疲れにくいと言います

まさに理想の高さ、というわけです

実際にこの靴を履いていて足が疲れたと感じることはありません

全くない、というわけではなく

履き始めの3回くらいはヒール慣れしていないと少し疲れます

がそれも最初のうちだけ

履きこなしていくうちに

レザーが自分の足の形にどんどん馴染んできて

まるで皮膚の一部かのようなフィット感になってくると

ヒールの高さも気にならなくなります

 

この写真は私の私物

オープンの3月からずーっと週に3回以上は履いています

レザー部分がくたっているのが分かるかと思います

そろそろクリームを塗りこんでのお手入れの時期ですね…

 

ヒールの高さが4㎝あるだけでも

スタイルアップには抜群の効果を示してくれます

そして何にでも合う

本当に色んなお洋服に合う

パンツにでもスカートにでも合う

オンラインサイトのスタイリング画像の半分くらいはこの靴を合わせています

 

今は冬なので

靴下やタイツを合わせて履いています

それでも合います

 

 

今現在お店にあるサイズは39のみ

24.5㎝~25.0㎝サイズ相当になりますが

幅広甲高さんだと24.0㎝の方も履けるサイズとなります

 

来年の春夏に売れてしまっているサイズが再入荷します

サイズ36と足が小さい方も履けるサイズも入荷いたします

 

是非店頭にお越しの際には

シューズに足を入れてみてください

 

ガラスの靴に足を入れたシンデレラのように

いや

シンデレラを探し求めていた王子様のように

 

「君を待っていたんだよ」

となるはずです

 

素敵な出会いを皆様に

 

10locusでお待ちしております

 

 

 

 

 

 

 

1 11 12 13 14 15 19