(10,locus)

blog

2017.11.25

Stripe Lover, Lace Sweetie

霜焼けの予感がする、松本です

 

今日はおススメのシャツとワンピースのご紹介

 

 

 

Ritoのストライプボウタイブラウス

¥33,000+税

 

スタイリング登場率ナンバーワンのこちらのブラウス

 

光沢としっかりとした厚みのあるストライプの生地に

ハイネック、かつバックにリボンが結べるブラウス

 

こちらのリボンはリボン結びではなく無造作にぎゅっと結ぶだけで

生地とのラグジュアリー感の対比が生まれます

 

勿論

リボン結びをしても良し

後ろをリボン結びするのは少々面倒ではありますが

後ろを交差させ前に垂らしたリボンでリボン結びもできます

Ritoというブランドは

150年続く日本の老舗中の老舗生地商社がバックボーン

まず、生地が国内ブランドの中でも抜きんでてこだわりがあります

 

糸から選定を始め、生地を作りあげ、さらに染めや洗いなどの加工を施す

 

生地をオリジナルから作り上げる

というのは洋服のブランドの中で一つランクが上がります

それは値段にも反映されてきます

 

ハイブランドはもちろん生地全てがオリジナルですが

国内ブランドでも生地を一から作りあげるところは5万円はするかと思います

 

決して安くはないですが

それだけ生地のクオリティや

そうしたところは洋服を立体的に起こすパターンや縫製も

極めて質が高く作られています

 

洋服は体を入れた際に初めて完成品となります

 

その体を入れた時の立体的なフォルムや

縫製の突っ張りや窮屈感がなく体にそぐう服

 

私はそうした洋服が大好き

 

高いけど

でも高いなら良い洋服を選びに選んで長く着たいですよね

 

 

10locusが取り扱う洋服をどうやってセレクトするか

 

デザインが素敵—大事

流行に沿っているか―これもレディースアパレルでは大事

お値段以上のクオリティか―何より大事

 

お店の洋服は決して買いやすいとは言えません

買いやすい価格のお洋服にはない

質の高さ、それは定価以上のものを私は求めているつもりです

 

まだまだオープンして1年も経っていないので

これからセレクトするブランドやどういうジャンルの洋服かというのは

まだまだ模索中で色々と変化していくかと思います

しかし

このお値段以上のクオリティをお客様に提案差し上げる

というコンセプトは今も、これからもずっと不変のものです

 

 

あ、話が脱線してきましたね

 

Ritoもクオリティの高さはお墨付きですが

私はこの生地でお値段結構抑えているなぁと思います

 

こちらのブラウスもメンズのフォーマルのような上品なストライプ

形はジャストからややゆったりめ

なのでパンツ、スカートどちらも合わせやすく

またブラウスの上に何かを着ても響くこともなく

色々使えちゃいます

 

色はネイビーとアイボリーの2色

オンラインサイトへ掲載済みとなっております

そして昨日アップしたのは1960年代のフリルレースの甘いワンピース

1960年代らしいレース

それに形は細身でフィットするようになっています

甘いレースに甘いフリル

だけど甘すぎない

シルエットもそうですが

色を白と黒の2色で統一しているからか

とても品があるマドモアゼル的ドレスです

 

CHANELにこういったドレスがあったような

何年のコレクションか、までは判明しないのですが

白いカメリアが付いた黒のベルベットのカチューシャを頭に付けて

黒のワンストラップパンプスに

黒のシャネルバッグを持つスタイリングが

すんなりと頭に浮かびます

でもね

ハイテクスニーカーで思いっきりはずして着てもかわいいと思うんです

 

最近またNIKEのハイテクスニーカーきてますよね

ちょっとダサい感じのやつ

ああいうのを黒いタイツに合わせて着てもいいなぁ

 

これからクリスマスパーティーとかあるじゃないですか

そういうお呼ばれの時に

ヴィンテージのドレスを着ていくの、素敵だと思います

 

こちらのワンピースもオンラインサイトへ掲載しておりますので

是非ご覧になってみてください