(10,locus)

blog

2018.08.10

8/11(Sat), (10,locus)+vintage Open!

こんにちは!!

 

松山は今日から松山祭りのはじまりですね

 

そしてようやく明日8月11日土曜日!

2階のヴィンテージルームがオープンいたします!!

 

ながらくお待たせいたしました~

そして前日にいきなりのお知らせという形になり申し訳ございません

 

 

6月下旬から準備を始めて7月は3日間も定休日をいただき

8月も10日過ぎ…ようやく店舗として皆様をお迎えすることができました

 

ちらっとになりますが

写真を撮りましたのでご覧くださいね♪

階段を上がったすぐ真上にあるヴィンテージのランプ

ヴィンテージのワインボトル

昔からずっとこのガラスボトルが欲しくて

お花というより枝ものを1本挿しているだけでも雰囲気があって素敵

2階オープンの際にようやく長年の願いが叶いました

 

2階は1階よりも狭く感じるうえに

洋服のボリュームもある&レースや刺繍など可愛いデザインのものが多いので

植物はお花よりもシンプルな枝もので空間の引き算をしていこうと思ってます

1800年代後半~1900年代~1920年代のアンティークものたち

コットン、リネン、シルクの白やアイボリーのものたち

レースや刺繍はハンドメイドだったり

私がヴィンテージの中で1番好きな年代のアイテムたちです

 

でも同じくらい心惹かれるビッグメゾンのヴィンテージ

 

年代は1970年代~1990年代中心で

通常のヴィンテージよりお値段は張るものの

やっぱり今見ても色褪せないデザインと驚くクオリティの高さはその価値ありです

 

数は多くないのですがだからこそお気に入りの1着は運命の出会いだと言えます

 

 

 

昨今、空前のヴィンテージブームです

 

誰とも被らないデザインだったり

今売っているお洋服には見られないデザインだったり

オートクチュールさながらの手仕事のお洋服だったり

ヴィンテージショップの宝物探し感がすごくワクワクしたり

 

いつの時代も魅力が褪せないものがヴィンテージだと思います

 

(10,locus)はヴィンテージ専門のお店ではありませんが

セレクトしたお洋服の核は同じです

 

新しいお洋服も10年後20年後必ずヴィンテージとして価値あるものを

 

そして年代を超えて手にしたお洋服が現代に息づくことを

 

新しいものと古いもの上下二つの空間を皆様に楽しんでいただけるように

大変長らくお待たせ致しました

 

明日心よりお待ち申し上げております